スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トレイルの現状

全国いろいろなところで、山、林道、ハイキング道でのマウンテンバイク利用者が急増しています。

しかし、こうした場所や道は、ハイカー、登山者、ピクニック散歩などを楽しむ人なども非常に多く、マウンテンバイカーのマナーが問われています。ゴミを捨てない、木々を傷つけないなどはもとより、人と出会ったら「減速・降車」そして「あいさつ」など、同じフィールドを共有して楽しむ仲間同士のマナーや思いやりに気をつけたいものです。

アメリカでもマウンテンバイカーが急増したときに同じ問題が生じ、マウンテンバイクが乗り入れ禁止になった地域もあります。
日本でも最近は、トレイル内で路面を改良して走りを楽しむ、いわゆるDIG(ディグ)をするライダーも増えています。
このこと自体悪いことではありませんが、自分の土地以外で、特に公の場所において勝手にこのようなことを行う人がおり、他のライダーはともかくも、歩きを楽しむ人々や自然保護グループからクレームを受けるようなことがあり、マウンテンバイカーとして大きな問題に直面しています。

コブ

 森林の中に作られたコブ

穴

 コブを作るための土を掘り出した穴。人が歩く道の脇で水溜りが池のような状態になっている

一部の身勝手なマウンテンバイカーの、そのとき楽しむことが出来ればよいというような考え方では、せっかく楽しめる場所も締め出しになってしまいかねません。
できるならみんながずっと楽しめる場所として保全・活用していかねばなりません。

フィールドのパトロールをしながらも、私達はできる事を常にしています。
その中には、危険な走行をするマウンテンバイカーに説明をして協力を求めたり、自然環境への影響を考えて、雨の後やぬかるみが多いときの走行を控えるよう説明したり、あるいはゴミを見つけたら拾って処分するよう協力を求めたり、とマウンテンバイカー一人一人の意識で貴重なフィールドを守っていく必要があります。

下の画像はあるフィールドに落ちていたゴミです。
空き缶、ペットボトル、花火、煙草の吸殻、BB弾、ガラス片、ゼリー飲料容器などがあり、花火が一番多かったです。

フィールドのゴミ


山の中は火気厳禁、花火も煙草もいけません。
おそらくこれはマウンテンバイカーのものではないでしょう。でも、ゴミ拾いは機動力豊かなマウンテンバイカーだからこそ出来るボランティアです。
皆さんもフィールドでゴミを発見したら迷わず回収をお願いします。みんなのため、自分のためにも。
スポンサーサイト

コメント

Secret

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
最近のコメント
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

愛知県マウンテンバイク協会

Author:愛知県マウンテンバイク協会
日本マウンテンバイク協会の愛知県支部です。マウンテンバイクスクール(教室)に力を入れています。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。