スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィールドは大切に

 私たち、マウンテンバイク協会のインストラクターは、マウンテンバイクが大好きな多くの人たちが、末永く自然のフィールドで楽しむことができるよう、定期的にいろいろなフィールドのパトロールを行っています。

その内容は、危険な個所がないか?とか、何かトラブルが起きていないか、などのパトロールや、ごみ拾いだったりします。
これらは、自然を守りながら楽しませてもらうために必要なことです。

ところが、最近は、愛知県内でも、いくつかのフィールドにおいて、とても残念なことが目立つようになってきました。

それは、同じマウンテンバイクに乗る人の一部に、「自分が楽しければよい。あとのことは知らぬ」という、自分勝手な人たちがいるようで、自然の中に大きなジャンプ台をつくったり、デコボコを人工的につくったりして、ハイカーや、関係者の方々からひんしゅくを買うようなことであったり、梅雨のこの時期、小雨や合間の雨上がりで、豪快に走り回り、路面をぐちゃぐちゃにしてしまったりして、森や自然を守る団体の方々からご指摘をうけるような事案が起きていることです。


なぜ、ジャンプ台をつくってはいけないのか
 そこはあなたの土地ではなく、いろいろな人が利用する自然の中だからです。

なぜ、雨後に走ってはいけないのか
 そこはあなたの土地ではなく、自然の中であり、その、ぬかるんだ路面が荒らされると、乾いた後の周囲の生態系に影響を及ぼす恐れが多いからです。

このようなことは、マウンテンバイクで楽しみたい多くの人たちも、周囲から同じように見られてしまうこととなり、実際そこまで考えていなかった、このようなことをしている人たちも、自分の首を絞めるだけになってしまいます。

「どうしたらそのフィールドで長く楽しめるようにできるか」 ということを今一度、皆さんに考えていただきたいと思い、このようなエントリを上げることにいたしました。

スポンサーサイト

コメント

Secret

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
最近のコメント
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

愛知県マウンテンバイク協会

Author:愛知県マウンテンバイク協会
日本マウンテンバイク協会の愛知県支部です。マウンテンバイクスクール(教室)に力を入れています。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。